使い慣れたローズリング

2020年10月30日

YOSHIE's Garden にようこそ🍀

 

今回は子供の頃のことをお話しようと思います。

 

5人兄弟の真ん中

姉ふたり・弟・妹です

 

共働きだった両親

兄弟が多かった割にひとりで留守番してる記憶が多いのです

 

台風の日の心細さは

今でも思い出すことがあります

 

ある年のクリスマスに届いたプレゼント🎁

女の子が目をキラキラさせるコスメセット💄✨

その中には指輪やネックレスも入っていて

毎日毎日着けていた記憶があります。

その指輪💍がバラの模様で、大人を感じたものでした。

 

窓を叩きつける強い風と雨に

心細さが大きくなると

バラの指輪をつけて

 

「私はちょっぴり大人になったんだよね!」

 

と自分に言い聞かせては指輪を眺めて

心細さから意識を逸らすようにしていました。

 

そんな指輪との可愛らしい思い出は沢山沢山あります🌷

 

 

子供の頃の一番忘れられない経験。

それは

 

可愛がっていた真っ白い手乗り文鳥が

父の手により目の前で命を落とした…

一番の悲しかった思い出。

今は亡き父とのものです。

 

その時の衝撃は 言葉にはなりません

家の近くに埋めてお墓を作りました

 

どうやってその時の感情を乗り越えたのか。。。

いえ、乗り越えたのではなくて

感情を消す。。忘れる。。そこに必死だったのでしょう

 

それが癖になったりして

大人になってからも、記憶に関して

結構な影響が出ていました

 

ずっと許せずにいた父ですが

父の告別式の日に

あ〜父親なんだなぁと思える会話が出来たんですね

 

その時、長い長い時間抱えていた父への感情は

驚くほどサラサラと自分の中から

離れていくのを感じました。

 

あ〜サイキック 学んで本当に良かった✨

それがなかったら、未だに父を許せては居ないでしょう😅

 

その父

今ではガイドとして

いつもそばにいてサポートしてくれて居るんです🌈

 

そんな父との事も

いつかお話しようと思っています。

 

 

 

A.S.G.    YOSHIE